日常に、彩りを。
衣食住、アートブックから旅まで、「カラフルにはたらく、暮らす」を探求する場。
こころ、身体、脳のための書籍を扱います。

あかり図書室は図書室の新しいカタチ、

 

話のできる会員制図書室です。 

行く、会う、話す、

ときどき読む。

あかり図書室は、おはなしできる図書室という、新しいカタチをした会員制図書室です。静かに過ごさないといけない図書室ではないのです。会員さんは入室自由です。本屋も兼ねているので、本を読んだり、話したり、本を買ったりできます。過ごし方は自由なので、お話しに来るだけでも構いませんし、本を読まずに静かに過ごしていただいてもかまいません。基本的に朝7時30分から13時30分で開けています。週に2日くらいのペースで開けています。朝早く開けているので、出勤前にふらりと立ち寄っていただいたり、昼休み終わりくらいをイメージして開けているので、昼休みに人目から離れて過ごしたりできます。しごとでこんなことがあってさ、とか、あーしごと行きたくない、とか、ちょっと聞いてくださいー、なんて、お店のスタッフに話しかけてみてください。

NEWS

2024.2.1    
読書のための丁寧なお菓子販売開始予定です
2021.  4.29    
あかり図書室 始めました。


1.会員制図書室

一.会員登録して会費お支払い
●一般会員…年間  1,500円
●応援会員…年間10,000円
二.自由に過ごす
三.返却期限なし
四.購入も可能
五.一度に1冊
六.おしゃべりOK

2.じっくりおはなし

あかり図書室貸切枠

はたらく、暮らすを考える中で、誰に話したらいいかわからない、などについて精神保健福祉士、カウンセラーが1対1の貸切枠でご相談をお受けします。お問い合わせはあかり図書室のInstagram、XなどのDMからご連絡ください。

3.書店でもある

あかり図書室は書店(新刊・古書)も兼ねています。貸し出した本を手元に置いておきたい時、この1冊との出会いは自分の近くに置いておきたい、そんな時は購入することも可能です。スタッフまでお声がけください。

4.はたらく場に

本のある空間をご提案

【企業向け】
企業の福利厚生としてあかり図書室を『サードプレイス』としてご利用いただけます。
また、社内のコミュニケーションツールとして、はたらく場に本棚を置くご提案をいたします。小さな小さなあかり図書室が社内にあるイメージです。

5.イベント

読書を通して『こころをゆるめてはたらく、暮らす』をテーマにワークショップ、プロジェクトを行っています。実施案内はHP、Instagramを中心に行います。

6.パッチワークブランド『北浜縫製』公式取扱店

北浜縫製のプロダクトをお取り扱いしています。実際に手に取って見ていただけます。

よくある質問①

Q. 図書室でおしゃべりしたら周りの邪魔になるのでは?
A. 最低限のお互いの配慮の元、ご利用いただけると幸いです。 

よくある質問②

Q. カウンセリング枠はありますか?
A. 図書室開室時間、お話を聞くことはできますが人の出入りがあることはご了承ください。個別カウンセリングは貸切枠として行っております。開室時間外でご予約ください。

よくある質問③

Q. 開室日がもっと増えることはありますか?
A. 現在、月曜、金曜は7:30-13:30、月末金曜日は17:00-20:00、月末日曜日は7:30-13:30で開けています。今のところ開室日を増やす予定はありません。
あかり図書室はみなさまのサードプレイスとして、こころをゆるめてはたらく、暮らす中で大切な場となればと考えています。サードプレイスはいくつか持っておくとよいなと考えています。1か所だけではその場がなくなってしまった時にこころがゆらいでしまいます。いくつかのそんな場を持ってもらえたらと考えています。あかり図書室以外にもいろんな場を、という思いから、開室日を限定しております。

Sayoko Urabe(通称ハルさん)

あかり図書室室長/合同会社うみのなか商店代表。

お問い合わせ

[email protected]

所在地

大阪市中央区淡路町2-5-8
船場ビルディング316

営業時間

月と金          7:30-13:30
月末金曜日 17:00-20:00
月末日曜日   7:30-13:30